So-net無料ブログ作成
検索選択

秘境 『三段峡』 [広島観光]

家内と一緒に

『三段峡』

に行ってきました。
ここは、小学5年生の時に父親と一緒に行った思い出の場所・・・。

DSCN2002.JPG

十数年前まで、可部線が通じていたが、今はこの場所までは電車は通っていません。
ただ自宅から車で約1時間15分でいけるのだから近いもです。

『三段峡』は、日本百景でもあり、広島では最も見ごたえのある景勝地だと思います。

DSCN1967.JPG DSCN1969.JPG

三段峡の玄関口である、『長淵』を過ぎ、『姉妹滝』が目に飛び込んできます。
清流が実に美しい。

DSCN1971.JPG

しばらく歩くと『女夫淵』。大小の二つの淵が寄り添うように続いています。水の流れは静かで、
底知れぬ紺碧の淵を形作っています。

DSCN1980.JPG

次に見えてきたのは『石樋』。200メートルに渡って、ひとつの大きな花崗岩の盤を侵食し、
水路のように流れが続いています。実に壮大です。

DSCN1983.JPG

そして、今回の目的地『黒淵』。
三段峡随一の景勝地で、切り立つ絶壁に囲まれたこの場所は、深い緑色の水をたたえています。
往復500円で乗った渡船はゆっくりと水面を進み、実に気分を穏やかにしてくれます。
きっと秋の紅葉も素晴らしいことでしょう。

DSCN1992.JPG

渡船から降りて茶店でいただくだんごも実に美味しかったです。

DSCN2003.JPG DSCN2006.JPG

家内もとても喜んでくれたが、しばらく続いた疲労感も吹き飛んでしまうほど、気分転換ができました。

どんな時も、ゆとり心を忘れないようにしたいものです・・。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

aor7030

お久しぶりです。ブログを拝見しました。
お母様が天国に旅立たれたとのこと
とても悲しくお辛いお気持ちでしょう。
でも最後までお世話できたのは、とても素晴らしいことだと思います。
残されたお父様、奥様、お嬢様とお母様の分まで
幸せで長生きしてくださいね。

私がブログをお休みしてから長いですが
息子は社会人、長女は大学1年、次女は中学2年になりました。
そして今は1型糖尿病の母の介護をしています。
父も高齢で去年は母と交代のように入院していました。
本当に大変な時もあるけれど自分だけではないと思い
日々をすごしています。
まだまだダブルケア(子育てと介護)でわさわさしていますが
落ち着いたらブログを再開しようと思っています。

お母様のご冥福をこころよりお祈りしています。
by aor7030 (2015-09-24 14:11) 

十円木馬

aorさん、コメントありがとうございます。
私の稚拙なブログを、思い出して見ていただき嬉しく思います。

会社を辞めて、親の介護にあたり、自分の人生観が変わりました。
「孝行したい時には親は無し」では、ないですが、将来自分が
年を取った時、如何すべきかということも、色々考えさせられ、
学んだような気がします。

aorさんも、ご長男の就職、ご長女の大学入学、遅ればせながら
おめでとうございます。りっぱに成長している様子が、手に取るように分かります。

私同様、両親の介護にあたり、どうか自分を追い込むことなく、
精一杯親孝行されますよう、応援しております。

お互いまだまだ先は長いですので、悔いのない人生を歩んで
いけたら良いですね。


by 十円木馬 (2015-09-24 15:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。